ITレンタルリースサービス

リスクヘッジ・トラブルレス運用が今改めて注目されはじめています。

昔のレンタルリースは「経理対策目的で割高」と相場が決まっていました。そしてデフレ時代でほぼなくなりました。
今AGがオススメするのは「コスト削減が進みすぎて、トラブル時のリスクヘッジ策」としてです。あまりにも予算を削り人を減らし、効率化を進めすぎて、予備機がない、修復時間がない、担当者がいない、運営管理できないのが現実ではないでしょうか?便利さとリスクやトラブルは紙一重です。

  • ファイナンス会社じゃない、ITサポート・トラブルサポート会社が行うレンタルリース
  • 豊富な予備部品在庫とトラブルノウハウ、トラブル前提の保守体制
  • 修理するまで待てない即交換体制、リモート保守で軽度トラブルも即対応

一般的なPCレンタルリースが難しいワケ

PC関係でレンタルやリースが少ないのは、以下のような理由からです。
そもそも「データは曖昧に壊れる、取り出せない事も多い、誰も保証してくれない」状態で毎回初期化されても困ってしまいます。バックアップや高度な冗長化機能(RAIDなど)を使っても、それが原因で壊れやすくなったり、自動バックアップがとれていない事はよくあります。
ライセンスも通常OSでもまた貸し禁止です(それを無視した業者も多くいます)。トラブル原因がわからないまま業者に預けて、見当はずれのデータ復旧や初期化・買い替えされる事も実は多いです。
AGは違います!トラブル対応だけでなく、ライセンスなども適切な運用を行い、ビジネスリスクを極力低減させています。

  • 「一番大事なデータ」管理サポートが曖昧な為
  • ソフトウェア・アプリのライセンス上、禁止や厳しい制約がある
  • トラブルサポート・切り分け対応ができる人材がいない

コモディティ化対策・コスト削減の為のさまざまな用途

AGはトータルサポートの一環で行っています。違法まがいのSEO対策機器レンタルリースを行っている業者もいるみたいですが、AGでは一切行いません。あくまでもトラブル保守サポートの延長上で、コモディティ化対策・コスト削減の為のサービスです。
AGの定期会員サポート(ベーシック・スタンダード・サーバー会員など)との組み合わせなどもございますし、お客様毎に条件や環境が全く異なりますので、まずはお問い合わせ下さい。

  • 個人事業者様の一括PCやMacセット保守(新旧機種)として
  • 制作やデザイン会社様のMacセット保守(新旧機種)として
  • オフィスレス化サービスの一環として、スタッフのSOHO作業用のマシン貸与として
  • 管理が難しい社内サーバーのPCやMacセット保守(新旧機種)として

*ライセンス製品などは、お客様の方でご購入頂くものと、AGでレンタルリースできるものがあります。

*新品製品などで、トラブル保守を含めず、少しでも値段を下げたい場合は、レンタルリースではなく通常のご購入をお勧めいたします。
(単なる割賦販売目的では行っておりません。)